知りたい!リフォーム費用の節約方法

>

節税対策をしてみる

所得税の節税

リフォームをするうえで、一定の要件を満たすことができれば、所得税が控除され、税金が還付されるため、ぜひとも抑えておきたいポイントになります。
所得税減税の制度にも種類があり、「投資型減税」という耐震やバリアフリー化などの特定の条件にあてはまる場合、適用することができる減税制度が、その中のひとつになります。

また、リフォームをするにあたって、ローンを組む場合ですと、「ローン型減税」や「住宅ローン減税」の対象になることもありますので、自分がおこなおうと考えているリフォームがどんな制度に当てはまるのかをまずは調べてみるとよいでしょう。
場合によっては、上記の減税制度が併用できることもあり、年間で数十万円節約できる可能性もあるため、欠かさずにチャックしておきたいものです。

固定資産税や贈与税の減税

住宅のリフォームをすることで、所得税だけではなく、固定資産税や贈与税も減税される可能性がありますので、これもしっかりと抑えておきたいポイントでしょう。
固定資産税の減税の対象となるリフォームは、耐震リフォームやバリアフリーリフォームなどに限られてはいるものの、もし要件を満たす場合には、家屋にかかる固定資産税の二分の一から三分の一程度が減税されるため、非常に大きな節約となります。
ですから、節約のためにも、忘れずにきちんと税務署に申告することが大事になります。

また、リフォームするにあたって、その費用を親などに援助してもらう場合も、必要となる贈与税が非課税となる制度もあるため、もしも援助を受けるのであれば上手く制度を利用して負担を減らしたいものです。


この記事をシェアする